意外と重要!?服装に合わせた機械式時計選び

細部だからこそ見られて目立つ

皆さんは服装にこだわっていますか。そうだと答える方の中にも、時計にこだわっているという方は意外と少ないのではないでしょうか。確かに、時計をつけている腕が他人に見られる機会は少ないようにも思えます。しかし、人間はことあるごとに手を動かすため、話し相手が時計を見る機会は多いです。また、細部であるからこそ、ファッションに合っていない時計をつけていた場合には、悪目立ちして印象に残ってしまいます。そこで、服装にこだわるだけではなく、時計にもこだわってみてはいかがでしょうか。

機械式時計なら恥をかくことは少ない

そこで、細部にもこだわってみたいという方におすすめなのが、機械式時計です。機械式時計は、作りこみがしっかりとしており、デザイン性に優れています。その理由は、機械式時計を製造・販売している主なメーカーは、高級腕時計メーカーだからです。クォーツ式の方が安く時計を作れるので、必然的に安い価格帯の時計はクォーツ式に流れています。もちろん高級と言っても差がありますが、現在製造されている機械式時計は、最低限の質とデザイン性を兼ね備えています。したがって、つけていて恥をかくことは少ないでしょう。

服装との相性を考えてみよう

「機械式時計に興味を持ったけどどれがいいのかわからない」という方は、服装との相性で選んでみてはいかがでしょうか。例えば、ビジネスマンが切るスーツには、文字盤がシンプルな時計が似合います。また、運動をするのであれば、クロノグラフやダイバーズウォッチのようなワイルドなデザインの時計が似合います。結局は服装選びと同様にセンスが重要となりますが、普段服装にこだわっている方であれば、無難な物を選ぶことができるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

ウブロは、イタリア人のカルロ・クロッコが創ったスイスの高級時計会社です。FIFAワールドカップの公式時計でもあります。