「カップルの誕生日」には、誕生日プレゼントを

普段の会話に潜むキーワードをつかまえる

結婚記念日はいわば夫婦の誕生日といえる大事な日ですから、二人で祝いたいもの。お互いにプレゼントを贈り合うのが素敵ですよね。普段の何げない会話のはしばしに、相手の欲しがっているものや、いま興味を持っていることが出てくるはずです。常にアンテナを張って「これは」と思えるものが見つかったら、忘れないように頭の隅にメモしておくようにします。「自分のことをいつも気にかけていてくれる、見ていてくれる」ということが伝わるサプライズプレゼントを目指しましょう。

モノより体験という贈り物も

記念品はそのまま残るので、プレゼントされたときの情景や感情を、品物を見るたびに思い出せるのがいいところです。しかし、最近欲しいものがなくなってきたという場合は、体験という感動をプレゼントしてみるのもいいですね。比較的簡単なところでは、レストランでの食事やオペラ鑑賞、観劇、旅行などがあります。また、食事や観劇の前に美容院やネイル予約をつけてあげると、さらにワンランクアップの洒落た贈り物になります。アクティブにいくなら、乗馬体験などが楽しいと思います。

え、いまさらワタシの好みがわからない?

残念ながら、夫婦でもセンスはそれぞれ。ピッタリ合うなら申し分ないモノ選びができますが、逆だと「こんなものをもらっても」とむしろネガティブ感情がわいてしまう結婚記念日になりかねません。相手の喜ぶものを選ぶ自信がない場合は、無理をしてはいけません。例えば帽子をプレゼントすると決めたら、一緒に帽子屋さんに行って、「好きなものを選んでいいよ」と、本人に選ぶ楽しさもプレゼントしてあげましょう。実は多くの人が最も望むプレゼントは、このやり方かも知れません。

結婚記念日とは、そのご夫婦が結婚した日(入籍した日、もしくは挙式・披露宴を行った日)を祝う日です。1年目、10年目などもありますが、特に25年で銀婚式、50年で金婚式と呼ばれる大きな節目を迎えます。